NovelJamとは?

「著者」と「編集者」と「デザイナー」。チームで挑む、集中創作道場。

ライブ・パブリッシング、あるいは、小説ハッカソン

 NovelJamとは、「著者」と「編集者」と「デザイナー」がリアルに集まってチームを作り、ゼロから小説を書き上げ編集・校正して表紙を付け「本」にして販売までを行う『短期集中型の作品制作・販売企画』です。ジャムセッション(即興演奏)のように、参加者が互いに刺激を得ながらその場で作品を創り上げていきます。

イベントの目的

  • チームによる出版創作イベントで「創発(emergence)」を引き起こし面白い作品を生み出す
  • デジタル出版の工程を川上から川下までひととおりを「体験(experience)」して技能を磨く
  • 出版にイノベーションを起こす「仲間(fraternity)」を増やす

過去の開催実績

第1回

「NovelJam 2017」は、2017年2月4日から5日に東京都千代田区市ヶ谷(株式会社ブックウォーカー)で開催。「著者」19名と「編集者」10名と「デザイナー」5人が参加、計17作品が生まれ、その日のうちに電子書店で販売開始され、いまでも購入可能です。後日、合本も制作・販売しています。アーカイブはこちら

第2回

「NovelJam 2018」は、2018年2月10日から12日に大学セミナーハウス(東京都八王子市)にて2泊3日の合宿形式で開催。「著者」16名と「編集者」8名と「デザイナー」8名が参加、計16作品が生まれ、その日のうちに電子書店で販売開始され、いまでも購入可能です。後日、合本も制作・販売しています。アーカイブはこちら